漆喰塗装
内装用 消石灰系仕上材

新型コロナウイルスを大幅に不活化する効果を確認

日本の伝統的な壁材である「漆喰」は、主成分である消石灰のアルカリ効果による消臭・抗菌・抗ウイルス等の機能を有しています。また、新型コロナウイルスを大幅に不活化する効果があることが確認されています。実験では、塗膜に接触したウイルスが5分で99%以上減りました。漆喰に使う消石灰などアルカリ性の物質で不活化し、7~10年効果が持続すると言われています。その漆喰が持つ機能はそのままに、人にやさしい空間を作る内装用塗料です。

塗料の特長

主成分である消石灰の有する自硬性により強固な被膜が形成されるため造膜助剤等の揮発性有機化合物(VOC)は一切含有しておりません。また、消石灰(水酸化カルシウム)が長時間かけて炭酸化していく特性から、「環境」や「健康」に貢献する様々な機能を発揮します。

1.消臭機能

タバコやペット、生ゴミなどの生活臭を吸着し、浄化します。リビングやトイレ、ペットショップや喫煙空間など臭いが気になるところにおすすめです。


2.抗菌・抗ウイルス機能

細菌の育成・増殖を抑制し、カビの発生の抑制にも効果が認められます。抗菌機能は住宅だけでなく、病院、福祉施設、学校など病気に対する抵抗力の弱い方が集まる場所では特に威力を発揮します。


3.VOC吸着除去機能

揮発性有機化合物(VOC)であるホルムアルデヒドを吸着無害化し、トルエン、キシレン等を吸着除去します。F☆☆☆☆ホルムアルデヒド登録認定商品です。


4.二酸化炭素吸収機能

形成された膜は長期間にわたり空気中の二酸化炭素を塗膜中に取り込みCO2削減に貢献します。
 


5.防火認定材料

(旧基材同等 第0001号)
国土交通省防火認定材料NM-8572、QM-9812、PM-9361(有機質砂壁状塗料塗り)適合品です。


6.結露抑制機能

消石灰の多孔質構造によって室内の湿気を吸湿、また放湿する機能を有していることから、室内湿度のバランスを保ち、結露を抑制する機能があります。


無料相談を行っております。お気軽にお問い合わせください。      ✆ 0120-1010-19

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。 また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

pagetop